家族がつながる木の家で 自然をめで、暮らしを楽しむ

家族がつながる木の家で 自然をめで、暮らしを楽しむ」

兵庫・神戸市 Aさんの家

玄関を入ったとたん、爽やかな木の香りに思わず深呼吸したくなる、国産の杉材をたっぷり使った家。ここに住むAさんは家づくり当初、木の家がいやだったというから驚きです。「震災の経験から耐震性が気になり、鉄骨造の家を考えていたんです。デザインもモダンなほうが好きでしたし」。

光溢れるナチュラル簡易包まれた家

木の家でないとダメだと思うようになりました(笑)

木の家でないとダメだと思うようになりました(笑)

そんな夫を180度変えたのは、知人に紹介されたプレストでした。モデルハウスを訪れ、しっかりした構造に納得。1年かけて同社の開催するすべての見学会に参加し、本などでも知識を得るうちに、「木の家でないとダメだと思うようになりました(笑)」。

こうして始まった家づくり。プランニングには半年ほどかけ、じっくりやり取りして進めました。希望は「リビングに家族が集まり、家中がひとつにつながるような家」。LD内に設けた階段と吹き抜け、引き戸の間仕切りでそれらが叶えられました。バスコートに出られる浴室や、本をたっぷり収納できるロフトも実現。工事中は毎日現場を訪問し、大工とも「一生付き合っていきたい」というほど仲よくなったそう。

全力投球して完成した家。「価値観まで変わりました」。

全力投球して完成した家。「価値観まで変わりました」。

全力投球して完成した家。住み心地の満足度はもちろんだが、「価値観まで変わりました」。10年、20年と住むほどに味が出て、キズも思い出になる木の家。そんな木の家づくりを経て、モノを買うときにも「一生使えるものを」と考え、吟味するようになったと言います。「夫は早く帰ってくるようになり、掃除もよくしてくれます」と笑う奥様。幸せな時間がゆったり流れているようです。

建主のMY FAVORITE

建主のMY FAVORITE

心酔している建築家・中村好文さんがデザインに参加した「たためる椅子」です。木と革の素材感もよく、シンプルなデザインで、折りたたみ式とは思えないほど座り心地もいいんです。家を建てる前から買おうと決めていて、収納場所もプランに入れてもらいました。天気のいい日はデッキにこの椅子を出して、山を眺めながらくつろぐのは最高です。1脚ずつ買い足していきたいですね(夫)

敷地を読む

敷地を読む

眺望を考慮して建物を配置。敷地に対して建物を斜めに配置したAさん宅。リビングに続くデッキから一番いい眺望が得られるようにプランしています。通りからの外観の見え方にも変化が生まれ、空きスペースを庭などに活用しやすいというメリットもあります。

そよ風ソーラー

そよ風ソーラー

自然の力で冬も夏も快適に。太陽熱などを利用して穏やかに冷暖房する次世代ソーラー「そよ風」。冬は屋根で集めた太陽熱を床下に蓄熱、室温を快適に保ちます。夏は床下の冷気を吹き出して涼しく。光熱費も削減でき、Aさん宅では賃貸マンション住まい時代の約半分になったそうです。

  • 請求・お問い合わせ

    自然素材の家に興味を持たれた方や不明な点がある方は下記よりお問い合わせください。

  • 無料見学会予約受付中

    プレストがつくるこだわりの自然素材の家を体験しませんか?

各種 お問い合わせ・資料請求・モデルハウス見学会のお申込みは下記よりお問い合わせください
  • 電話番号:079-281-6335
  • 資料請求・お問い合わせフォーム

お客様の声

ページの先頭へ戻る